太陽光発電の工事方法は色々とある

太陽光発電を自分の家に取り入れようと思った時に実際にどのような工事をするのだろうと考える事もあると思います。
太陽光発電の工事の方法というのは実は一つだけではありません。
太陽光発電を設置する家の状況に合わせてそれなりに工事の方法が違ってくるということになります。
この工事の方法は屋根の状況に合わせて工事方法が変わるということです。
例えばスレートの屋根の場合ですとスレートに穴を開けて防水処理をします。
そして取り付ける金具を止めて横桟を取り付けてからこの横桟に太陽光発電のパネルをつけるという方法です。
パネルをつけてから配線をして完了します。
これが金属屋根の場合では穴を開けないで支持させる金具を取り付けて後はスレートの屋根と同じ方法でパネルを取り付けるという方法になるようです。
これが折板屋根の場合ですと折板屋根の裏面から支持金具を取り付けてボルトを出すという方法になります。
雨漏りなどがしないようにしっかりと止水してからパネルを取り付けます。
洋瓦やS瓦やセメントタイプの瓦などの場合には一度外したりして金具を取り付けるところの瓦などに設置出来るように加工をしてパネルを設置するという方法になります。
そして昔ながらのタイプの瓦の場合は金具を取り付ける予定の場所の瓦を外して補強する板を取り付けたり支持瓦を取り付けたりしてパネルを設置したりします。
昔ながらの瓦のタイプでも設置できる方法があるのかということはちょっと驚きでもあります。
このように色々なタイプの屋根に設置が出来るようになっている状況なので自分の家の屋根のタイプはもしかしたら設置できないのではないかと思っている場合でもまずは相談をしてみるとその家の屋根にあわせた工事方法でパネルを設置させて太陽光発電を設置させることが可能になってくると思います。
見積もりや相談をする時にどういった工事内容かという点はしっかりと確認をするようにしておくべきだと思います。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>