堺市のソーラーパネルの重量

堺市は大阪の大きな都市の一つです。
海に面した地域として古くから栄えてきている土地でもあるのです。
そのような堺市なのですが、
実は太陽光発電が積極的に行われている地域の一つにもなっているのです。
積極的に発電がされている地域になているとも言えるでしょう。
海が近いということもありまして、発電を遮るようなものもないのです。
太陽光発電に適しているような地域であるとも言えるのではないでしょうか。
その堺市の太陽光発電の導入ですが、
太陽光発電パネルを屋根に上げるということを行います。
屋根に上げるわけなのですが、
屋根の重量については重くなってしまうというデメリットがあります。
どの程度重くなるのかということや、
その重くなってしまった影響はあるのか、ということを気にしている方も多くなっています。
では、問題の太陽光発電パネルの重さなのですが、
一般家庭で使用されているタイプにつきましては一時期のものよりもかなり軽くなりました。
最近では、200キログラムから300キログラムの重さになっているのです。
屋根に載せていましても、特に大きな問題はないというような数字になっているでしょう。
ただし、重くなることは確かですので、
住宅メーカーなどにアドバイスを頂くのがお勧めになっています。
具体的なものとしますと、
屋根が重くなることによりまして地震の揺れに弱くなってしまうことがあるのです。
近年の鉄筋コンクリート造の建物なら安心なのですが、
その他の場合にはアドバイスを聞いてから導入を決定しましょう。
その方が安心して太陽光発電システムを利用していけるのです。

太陽光発電を推進する堺市